読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cronstedt’s blog

色々な事や考えを不定期にこぼしていく場所。

-Cenicienta-関裕美について

先日行われた中間発表において、あるアイドルの順位を私は気にしていた。
5年が過ぎたシンデレラガールズというコンテンツの新たな希望だと思っているそのアイドルの名は、関裕美。

 

自分は担当Pではなく、以前はそれほど気にかけていた訳でもなかった。鋭い目つきを気にしてしまう事、厳しげな顔とのギャップから笑顔が一際輝く女の子という印象ぐらいだろうか。

 

はっきり言ってしまえば、彼女は他の多くのアイドル同様出番が少なかった。目立った露出があったわけでもなく、定期的に出番が回れば登場する様子だったはずだ。総選挙においてもボイス選挙においてもランクインはした事がなく、人気の一指標たるボイスに届く日は遠かった。
シンデレラガールズというコンテンツが隆盛する一方で悔しい思いをしてきた側だったのではないだろうか。

 


だからこそ私は敬意を表したい。
「プロデュース」という要素が薄いこのコンテンツにおいて、これ以上のない「プロデュース」を行ってきて、その成果が果たされる一歩手前まで辿り着いた事を。

 


シンデレラガールズというコンテンツは広がり続ける事が出来る世界だと考えている。
新たな動きがない限り、765・ミリオン・315は既にメンバーが確定しており、全員にボイスが付いた以上確定した枠の中で如何に新しい側面を見せていくコンテンツになるだろう。正確な表現ではないが、内輪の物語が展開して行くはずだ。

シンデレラも半ばそのような状態であったし、デレステの登場によって更に加速していた可能性は否定出来ない。だが、新たにボイスが付いて行く限りではシンデレラは広がり続けられるのだ。183人全てのアイドルにボイスが付くその日までは。

例えば、三船美優と佐藤心に声が付き世界が広がった事で、高垣楓片桐早苗安部菜々の世界と繋がり宵乙女が生まれたように。

 


話を関裕美に戻す。
昨年度の総選挙では熾烈なボイス争いが繰り広げられた。三船美優と森久保乃々と依田芳乃は全員最有力候補であり、佐藤心とて月末経験者でありネタも含めて人気は相当あった。ボイスを逃した面々もランクインの経験があるアイドルばかりだ。

 

しかし彼女は違う。今まで長い間圏内に縁の無かった者らの一人だった。だがそれにも関わらず、中間で属性15位にランクインし、最終的には全体31位という快挙を成し遂げた。関裕美というアイドルの魅力があってこそだということは間違いない。しかし他のアイドルとて同様に魅力的だ。では何か?


ならば彼女が上へと上がってきたのは、「プロデュース」に他ならない。      せきペディアをその筆頭として、多くの関Pが自らの力で彼女の知名度を広げ、彼女の魅力を広く伝え、票を集めてきたからに他ならない。               如何に多くの人の票を集められるか、どれだけ担当Pじゃない人から票を貰う事が出来るかという形式に変化した総選挙において、絶対に必要な、努力をこの1年間に地道に地道に続けてきた事に他ならない。

 

今年の中間発表第9位、Cu2位という結果は正にそれらが実を結んだことの紛れもない証拠なのだろう。あれだけ手強いとされていたCuの上位陣を突き破り、のし上がってきた所以はひとえに、関Pらの「プロデュース」によって関裕美というアイドルの魅力が多くのPに伝わったからだと考える。自分も良い意味で「また」関ちゃんについての情報か、と思う場面が何度もあった。SSRも可愛い。

 

そして去年の彼女の躍進に触発されるように、今井加奈や南条光といった圏内に縁が無かったアイドルの新たな活躍が見受けられることになった。佐藤心という存在と併せてこの二人のアイドルは、我がアイドルにボイスを!と願う多くのPを勇気づけたのではないだろうか。

 

総選挙の意義が大きく転換したことは、前回の結果と今回の中間発表ではっきりとした。少数の課金者集団によるトップ争いから、意欲のあるP全員によるボイス争奪戦時々トップ争いへと変化したのだ。良し悪しは別として、もはやシンデレラガールを目指すことよりもボイスを付ける事が名目化しているが、それを決定づけたのはまさに関裕美という存在だ。

渋谷凛双葉杏シンデレラガールズというコンテンツを世に広く知らしめたパイオニアであったように、関裕美はまた違った意味でのパイオニアになったと言っても過言ではない日が来ると私は思っている。

 

シンデレラガールというコンテンツはまだまだ成長していく事が出来るという事、今までの人気だけが全てではないと実力と結果で示して見せた事、そしてボイス・楽曲・ライブという次なる舞台まで限りなく近づく程までに「プロデュース」し続けた事に私は改めて敬意を表したい。

 

最終的な結果が出るのはまだ先となる。良い結果が訪れることを私も支援票を入れて祈ることとする。

 

 

 

 

 

ちなみにだが、タイトルに深い意味はない。ただ自分が一番好きな関裕美がスパニッシュダンサーという事だけである。

リアルタイム検索による第6回シンデレラガール総選挙の出口調査

熱い火花が随所で飛び交っている総選挙。

仕様は去年とほぼ同じものであり、大きな違いと言えばデレステ楽曲総選挙と連動することであるが、大して影響することなく終わると思われる。

 

さて前回時にあったか筆者の記憶にないが、現在Twitterでは興味深い集計が行われている。投票した際に任意でツイートされた投票ツイートが集計されているのである。

 

中間及び最終結果発表以外に掴むことのできなかった順位を推知しうるものであり、一部のPの注目を集めている。現状どのようになっているか興味がある方はご自身の目で是非確認して頂きたい。

 

しかし、この調査結果を見る際に注意しなければならない点が二点ある。

・全てのプレイヤーが投票する際にツイートする訳ではない事。

・一度のツイートでは何票投じたかは判明しない事。

以上の二点である。

実際の票数を反映していないことには留意したい。ツイート数が少なかったけども順位はもっと上にいるという事は十二分にあり得るだろう。

 

しかしながら、本総選挙の傾向を反映している事は間違いない。

多くのツイートがされているという事は、実際にも多くのPが何度も投票している証であり、それだけ票を集めているという事に他ならないのである。

 

中間結果発表と照らし合わせた場合どれほど信頼できるかが伺えると言えるため24日の中間発表を期待したい。

 

前回の順位から考える第6回シンデレラガール総選挙

明日から始まるモバマスでの総選挙。

多くのPが様々な思いを抱えていると思われるが、その結果を昨年度の順位を参考にまずは、「ボイス」がつくかどうかに着目して予測してみる。


まず注目すべきは、三船美優、森久保乃々、依田芳乃、佐藤心の4名がどれだけ順位をあげたか。詳細は省くがそれぞれ、20、23、17、42以上もの順位を上げている。

あと一歩及ばなかった藤原肇と喜多見柚に関しても16、22となっていることから、凡そ20位前後順位を上げたことが伺える。


つまり、前回の総選挙で20~30位ぐらいにランクインしていたアイドルは今回でCD圏内まで行ける可能性が十分あると言え、荒木比奈(21位)、村上巴(25位)、佐城雪美(26位)、関裕美(31位)、鷹富士茄子(32位)、ナターリア(34位)が該当する。

いずれも堅実な人気を誇っており、関裕美に関しては急激な上昇だったことから不安定さが指摘されるかもしれないが、佐藤心というよりイレギュラーな存在がいる事から彼女も十分な可能性を秘めており、また依田芳乃が第4回で22位で初めてランクインした事からも、彼女の飛躍の可能性はあると言える。(以下彼女たちのような集団を「候補集団」と呼ぶ。)

 

しかし、前回ボイスが付いた4名と違って彼女たち候補集団には大きな壁が待ち受けている。

 

それは藤原肇と喜多見柚両名の存在である。

 

第5回総選挙開始時において、ボイスがついていないアイドルの第4回最高順位は22位の依田芳乃であり、彼女以降に候補集団が団子状態となっていた。そして、その団子状態から抜け出したのが佐藤心を除いた3名だったのが第5回総選挙である。

 

その結果として、惜しくもボイス圏外となってしまったが、今回は荒木比奈ら候補集団を数歩もリードした状態で両名が存在することとなった。

元々Cuは上位陣が固定化されており新規ボイスを狙う事が困難であるが、CoとPaにおいてもCDを狙うにはこの二人と枠を争う事になり厳しい戦いが予想される。

流動的なPaはまだしも、Coに関してはCDから外れたことがない高垣楓という無類の強さを誇るアイドルがおり、CoCD枠は実質2枠と言っても過言ではない。そこに既にリードしておりCG争いにすら絡み得る藤原肇がいるため、熾烈な競争が待ち受けていると言える。

Paについても、喜多見柚が最有力候補であり、いくら流動的だと言っても本田未央城ヶ崎美嘉も上位常連であるため、簡単に勝ち取る事は出来ないだろう。(CuやCoよりはマシではあるが)

 

以上が候補集団の障害要素となるが、あくまで障害要素でしかない。

ボイスを狙うものにとって最も重要なもの、それは中間発表時の順位である。

 

総選挙の特徴の一つとして、「声が付きそうなアイドルに票が大きく流れる」事が挙げられる。例えば去年の佐藤心が良い例だ。登場自体が遅めであった事もあり、4回目までにランクインがなかった彼女が突然中間で属性5位に入ったことは、多くのPにとって衝撃であった。一定の人気はあったとしてもそこまで迫るとは誰もが予想出来なかった事からも多くの票が流れ、最終的には僅かな差で中間3位の柚を逆転したのである。

 

故に候補集団にあたる彼女らは中間発表において属性3位以内に入る等、「彼女に投じればボイスが付くだろう」と思わせる事が重要となる。勿論3位以内でなくてもより上位に位置すれば、多くのPの注目を集めアドバンテージを得られることは言うまでもない。

一方で、去年の佐藤心のように彗星の如くランクインしてそのまま駆け上がるアイドルが新たに登場する可能性も否定できないため、候補集団のPは気の抜けない戦いになるだろう。

 

以上により簡単にまとめると「ボイス」を狙うには、①藤原肇・喜多見柚に肉薄する事、②中間発表時に出来る限り上位にいることが重要となるであろう。

藤原肇と喜多見柚を担当するPについては、筆者が言及するのも野暮である。健闘を祈りたい。そして是非報われて欲しいと思う。

誰にボイスが付くかを予想することは中間発表が出ない限りはほぼ不可能であるが、最終的には今年も4名(Co2・Pa2)のアイドルに新しくボイスが付くのではないかと予想する。

 

 

 

そしてシンデレラガール。

高垣楓が大本命・最有力候補であることは最早共通認識ですらあるだろう。実績・人気共に申し分がなく、第2回総選挙以降のCDメンバーから外れたことがない唯一のアイドルである。

そんな彼女に迫れるとしたら誰がという事になるが、まずは藤原肇と喜多見柚。

それぞれ10、11位で終えた事、そしてあと一歩でボイスに届かなかった事を考慮すれば、票を多く集める事が予想される。月末ガチャの抜擢という要素はあったものの、第3回11位であった塩見周子が第4回でシンデレラガールになった前例もあり、可能性はあるだろう。

 

また、安部菜々前川みくのCuの両名も対抗馬となる。

共に総合2位を経験した実力者であり、連続して一桁ランクインしている。第5回で待望のCuシンデレラガールが誕生したことから、次は私のアイドルだ!と意気込むことが考えられる。また今月末の一番手はCuであり、登場感覚的にも両名が登場する可能性は高いのである。月末ガチャブーストの影響力が大幅に低下したとはいえ、依然として大きな加速要素であることに違いはなく、どちらかが登場すればシンデレラガールを狙う上ではこの上ない援護となる。

 

しかしながらガチャ無し、イベント登場無しにも関わらず74万票も集めた高垣楓に立ち向かう事は相当困難であることもまた事実である。前述の4名の獲得票数が42万~37万であり、単純計算でおおよそ2倍もの票を集めなければならない事からもその困難さが伺われる。

彼女ら4名以外のアイドルとなると3倍、4倍もの票を集めなければならず、ボイスが欲しい熱意や月末ガチャ等、何らかの加速する要素が必要となり厳しい戦いが予想される。

 

 

以上自分なりの予測を書き連ねたが、選挙の仕様が昨年度から変更される可能性もあり明日次第であることは否めない。

様々な運動や宣伝が既に展開されており、この先1カ月がとても楽しみである。

本記事が誰かの参考となれば幸いだ。